酵素 比較

酵素パックで肌のざらつきが取れてつるつる素肌に

毎日メイクをきちんと落とし、洗顔料を使って丁寧に洗顔していても、なんとなく肌がざらついたりごわついたりする感じがするなら、肌のターンオーバーが乱れて角質層が厚くなっている可能性があります。
角質が必要以上に厚くなると、肌の手触りが悪くなるだけでなく、意外なことですがニキビの原因にさえなる可能性があります。
肌表面の古い角質がそのまま肌の上に残ってしまうと、結果的には毛穴からスムーズに皮脂の分泌も出来なくなることに繋がります。
皮脂は汗などの水分と一緒に分泌されることで肌の表面で自然のクリームを作って保護する役割をしてくれるのですが、肌のターンオーバーが上手くいっていないと、この皮脂の分泌が理想どおりに行われなくなり、肌表面を上手く保護することが出来なくなります。
また毛穴を詰まらせてにきびにもなりやすくなってしまうというものです。
酵素8
そんなときに、ごしごしこすって肌の表面の不要な角質を削り取ったりするのは絶対にNGです。
上手く剥がれ落ちない角質を取り除くのだからいいじゃないかと思われがちですが、こんな乱暴な方法で肌表面に刺激を与えると、間違いなく肌荒れを起こします。しかも場合によってはこすった後が色素沈着を起こす可能性さえあるのですから要注意です。
そんなときにお勧めなのが酵素パックです。

 

タンパク分解酵素の成分が配合されたパックをすることで、肌の表面の古い角質を穏やかに優しく取り除くことが出来ます。
使い方は簡単で、クリームとパウダー状の酵素パックを混ぜて肌に乗せ10分程度してから洗い流すだけです。パック剤をスパチュラを使って取り除いてからぬるま湯ですすげばさらに簡単です。
パックを洗い流した後の肌はとにかく手触りがつるつると滑らかになるのを感じます。しかもしっとりと潤ってもっちりとした感触の肌になっていて、ちょっと感激モノです。
肌の状態に合わせてクリームとパウダーの分量を調整するのがおすすめです。コレでお悩み解決!酵素洗顔で解決できる肌トラブル